2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
DAY BY DAY ♪ゲストLIVE
DAY BY DAY ゲストLIVE
国貞雅子(vo.) 2013年LIVE

国貞雅子(VO.)&清水絵理子(P.)デュオLIVE

9月21日(土)北海道 士別 Jazz&Booze Evans
士別市大通西4丁目714
問い合わせ:090-7652-5097 エバンス
1st 開場:17:00 開演:18:00
2nd 開場:20:00 開演:20:20(入れ替え制)
チケット:2,500円(1Drink付)

9月22日(日)北海道 北広島市
北広島市芸術文化ホール 2F 活動室1
北広島市中央6丁目2番1
問い合わせ:080-1892-1266 後藤
開場:14:00 開演:14:30
チケット:2,000(1Drink付)

9月22日(日)北海道 札幌 DAY BY DAY
札幌市中央区南5条西2丁目 中銀ビルB1
問い合わせ:011-521-6635 
開場:20:00 開演:20:30
チケット:3,150円


国貞雅子(くにさだ まさこ)
http://www.raf.jp/maa/

山口県下関生まれ。

幼少の頃より音楽に興味を持ち、
大学時代のソウルバンド、南アフリカのバンド「AZUMA」の
コンサート運営をきっかけに独自のリズムと
インプロビゼーションを特徴とする
ブラックミュージックに興味を持つようになる。

大学卒業後、地元老舗JAZZライブハウス『ポルシェ』にて
地元ミュージシャンとの共演を通してJAZZを学ぶ。
歌唱方法としてゴスペル色が強く、その真髄を知る為にNYへ短期渡米。
多くの地元ゴスペルシンガーを育てたグレゴリー・ホプキンスに
ゴスペル独特の発声法を学び、帰国。

帰国後、活動拠点を山口県から東京都に遷し、
都内、神奈川県を中心に活動中。

Jazzだけにこだわらず、ソウル、ブルーズに根ざす
日本人離れたした声量、歌唱力に特徴を持つ。

現在はJazzのみではなく、
独自のリーダーバンド『MATELIJYA』(マテリヤ)を結成し、
オリジナルを中心とした活動も開始。

形やジャンルにこだわらないメッセージ性の強い彼女の音楽に
心を感じずにはいられない。
音楽はスタイルじゃなく、あくまでも心情、生活、祈りに
根ざしたものであるという信念から、
自然の中にある普遍的な真理から何かを見いだそうとする
彼女の音楽や詞(メッセージ)は多くの共感者を得つつある。


清水絵理子(しみず•えりこ)
http://ericcho.papi4.com/

1973年東京品川生まれ。祖母がピアノとエレクトーンの先生をしていた影響で、
幼少の頃より楽器に親しむ。
5歳から本格的に習い始めネム音楽院にてクラシック•作曲法等学ぶ。
16歳で大作曲家ショスタコーヴィッチの息子である
マキシム・ショスタコーヴィッチ指揮のもと、新日本フィルと共に自作の協奏曲を演奏。
その他、国内のみならずフランス•ドイツ•ポーランド•ウィーン•イスラエル•アメリカ等海外での
演奏経験も豊富に積む。
その後一度音楽の道を離れるが、19歳の時にアルバイト先の店でジャズに初めて出会い、
それまでとは全く違う音楽感に強く惹かれ独学と実践にて勉強を始める。
そんな中、東京はお茶の水にあるライブハウス『NARU』の先代の社長、故ナル氏に
「そっちもウチでピアノ弾いてみるかぁ」と声をかけてもらった事をきっかけに、
毎週ピアノトリオで『NARU』に出演する事になる。
またナル氏の引き合わせにより山口真文氏のセッションに参加。
以降実力派ミュージシャンとの共演を多く重ねる。
竹内直グループ•峰厚介グループに参加。
現在、年間300を超える演奏活動を通し自己の音楽を追求し続けている。


2013 しんとくミュージックステージ
新得 2013


スージー・北海道・新得町ディナーLIVE
9/23(月・祝)
サホロリゾートホテル『はるにれ』

上川郡新得町狩勝高原
TEL 0156-64-7111

ディナー 18:00~
ライブ  19:00~
お一人様 6,000円(ビッフェ形式 フリードリンク)
先着 100名様(要予約)

出演
黒岩静枝(vo.) 山下康司(p.) 鈴木由一(b.) 佐々木慶一(dr.)
岩佐彰 with ♪super session


2013.09.20 (Fri) 03:56
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL